眠れない、寝ても疲れが取れない……そんな毎日を送っていませんか?

 

仕事が忙しくて、家に帰るのが遅い。
寝ても疲れが取れない、寝た気がしない
疲れているのに眠れない

 

忙しい現代で、こういった悩みを抱えている人は少なくありません。
しかし、これらの悩みを放置しておくのは、決して褒められたものではありません。
今はなんとか無理が利いていても、それも長くは続かないもの。休めない、疲れが取れない、眠れない……これらは積み重なると、健康に悪影響を及ぼします

 

 

ミルクペプチドが心と体をリラックスさせてくれる「グッドナイト27000」

グッドナイト27000

市販の睡眠導入剤や、医師の処方する睡眠薬の服用を始める前に、試してみたいのが「グッドナイト27000」というサプリメントです。

グッドナイト27000には、ミルクペプチドをはじめ、睡眠を改善するための様々な成分が豊富に配合されています。

 

グッドナイト27000は、あくまでもサプリメントなので、睡眠導入剤や睡眠薬のような効き目はありません。
ただし、自分自身の体が持っている「疲れを癒す機能」が正常に働くようにほんの少しだけサポートしてくれるものです。
サプリメントは食品ですから、医薬品のような副作用の心配が少ないのも魅力的ではないでしょうか。

 

それでは、注目のサプリメント「グッドナイト27000」について詳しく見ていきましょう。

 

注目の新成分「ミルクペプチド」とは?

グッドナイト27000

グッドナイト27000に含まれている成分の中で特に注目したいのが「ラクティウム」というミルクペプチドです。

 

皆さんの中には、眠れない時にホットミルクを飲んだりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「ホットミルクを飲むと安眠できる」と昔から言われていますが、これには確かな理由があるのです。

 

最近の研究で、牛乳をはじめとした動物のミルクに含まれる「デカペプチド」に、リラックスや安眠効果があることが分かってきました。
デカペプチドとは、乳たんぱくを加水分解した特定のペプチドを言います。

 

私たちは、赤ちゃんの時はミルクに含まれるカゼインを分解するための酵素「トリプシン」を体の中に豊富に持っています。
お母さんのお乳を飲んだ赤ちゃんがリラックスした表情になるのは、お母さんのお乳に含まれるカゼインを加水分解して作りだした「デカペプチド」の働きもあるのです。
しかし、カゼインを加水分解するための「トリプシン」の量は、年齢と共に減っていきます。
そのため、大人は赤ちゃんに比べてデカペプチドを効率的に作り出すことが難しいのです。

 

グッドナイト27000には、乳たんぱくを加水分解した特許成分「ラクティウム」が2,700mg含まれています。
グッドナイト27000のパッケージには、ラクティウムの量とともに、特許成分を使用していることを示す公式ロゴが掲載されています。

 

公式ロゴの使用が許されているのは、「特許が推奨する使用料が確かに含まれている製品」のみです。
グッドナイト27000以外にもミルクペプチドを配合しているサプリメントはありますが、確かな成分を十分な量配合しているかは不明です。

 

その点、グッドナイト27000はラクティウムの特許を持つ機関からお墨付きを与えられているので、安心して服用できるのではないでしょうか。

 

続けなければ意味がない。だからこそ、低価格・高品質

どんなサプリメントもそうですが、続けなければ意味がありません。しかし、長く続けるとなると、ネックになるのが価格です。

 

いくら良いサプリメントでも、値段が高ければ続けることができません。サプリメントを選ぶ際は、その価格にも注目したいものです。

 

グッドナイト27000は、30日分90粒入りで6,000円です。
しかし、定期購入で申し込めば、よりお得に購入することができます。
注文するタイミングによっては、定期購入の初回990円で購入することもできるので、できるだけ定期購入で申し込むようにしましょう。

 

飲んで数時間後に良さが実感できるサプリメントというのは、存在しません。
グッドナイト27000もまた、飲んで数時間後に良さが実感できるものではありません。
とりあえずは1袋継続して服用してみましょう。もし途中で体調が悪くなったりした場合はすぐに服用するのを中止し、現物を持って医療機関を受診してください。

 

ミルクペプチド,サプリ


 

不眠改善をあらゆる成分でサポート

グッドナイト27000には、ラクティウム以外にも様々な成分が配合されています。
例えば「テアニン」。これは、お茶に含まれるリラックス成分で、お茶に含まれるアミノ酸の一種です。

 

また、ストレスに負けない体を作ると話題のGABAや、休息をサポートするグリシン、心と体をリラックスさせるホルモン「セロトニン」の原料になるトリプトファンなども含まれています。
これらの成分は、普段の食事からも摂取することができますが、充分な量を摂取するのが難しい成分です。
しかし、グッドナイト27000であれば、1日3粒でこれらの成分を手軽に・バランスよく・効率的に補うことができます。

 

グッドナイト27000には、中国原産のリラックスハーブ「ラフマ」や、古くからリラックスのためのハーブとして親しまれている「カモミール」なども配合されているのもポイントです。

 

 

不眠を放っておくのはNG!

 

不眠は、放置しておくと、知らず知らずの間に体に悪影響を及ぼします。自分では不眠の自覚が無くても、体は充分に休めておらず、ある日突然積み重なった疲れが深刻な体調不良となって現れることも珍しくないのです。

 

不眠がもたらす様々な悪影響

グッドナイト27000

不眠になると、まず脳内ホルモンのバランスが乱れます。その結果、やる気が起きなくなったり、注意力が散漫になったり、集中するのが難しくなったりします。

人によっては、時間の感覚が狂い、昼夜逆転の生活を送るようになったりもします。

 

また、循環器にも大きなダメージが及びます。
血圧が上昇したり、虚血性心疾患のリスクが高まったりするのです。

 

他にも、肥満になりやすくなったり、免疫力が落ちたり、認知症になるリスクが高まったりします。

 

1日や2日眠れないというのはあまり心配することはありませんが、もし1週間以上眠れない・寝ても疲れが取れないという状態が続いているのであれば、自分の睡眠の質を見直して、必要があれば何か対策を取るようにしましょう。

 

不眠を改善するためには睡眠薬に頼るしかないの?

睡眠薬に頼るのは待って

不眠の改善と聞くと、多くの人がその改善策として「睡眠薬の服用」を思い浮かべることと思います。そして、睡眠薬の服用と合わせて、その副作用や依存性などにも考えを巡らせるのではないでしょうか。

 

現在処方されている睡眠薬は、医師の処方に従って使用すれば、昔ほど副作用や依存症の心配はないと言われています。
しかし、いくら薬といっても、飲まずに済むのであればそれに越したことはありません

 

睡眠薬の場合、自分の体に合わない睡眠薬を服用すると、日中でも強い眠気に襲われたり、吐き気などの不快な症状が現れたりする場合があります。

 

また、自分の勝手な判断で飲む量を増やしたり、飲むタイミングを変えたりすると、依存症になる可能性が高まります。

 

睡眠薬を飲めば、一時的にある程度はよく眠れるようになるでしょう。
しかし、睡眠薬の服用を止めれば再び不眠や熟睡できないといった症状が出る場合も珍しくなく、人によっては睡眠薬が無ければ眠れなくなってしまうこともあります。
以上のことから、睡眠薬の服用に抵抗がある人は決して少なくありません。

 

どうして不眠になってしまうの?

 

不眠になってしまう原因は、実に様々です。
体に原因がある場合もあれば、心に原因がある場合もあります。

 

体に原因がある場合

痛み

体に原因がある場合、よく聞かれるのが「慢性的な痛み」です。

例えば、腰が痛くて眠れないとか、膝が痛くて眠れないといった話を聞いたことはないでしょうか。

 

体に原因がある場合、不眠を解消するためには、体の症状の解消が近道です。

 

もし、原因不明の痛みが長く続いているようならば、一度大きな病院で詳しい検査を受けて、原因をはっきりさせることが重要です。

 

体の痛みや不快感が軽減されれば、徐々に不眠も改善されてくることが多いと言われています。

 

心に原因がある場合

不眠の場合、心に原因があることのほうが多いのではないでしょうか。

 

例えば、心配事があって眠れないとか、小さな物音が気になってしまって寝付けないとか、そういった経験は誰にでもあるかと思います。

 

心に不眠の原因がある人ほど、「早く眠らなければ!」「しっかり眠らなければ!」と自分で自分を追いつめてしまいがちです。

 

また、ストレスがあると、寝ても疲れが取れないことがあります。
朝起きたとき、なんだか体がこわばっているような感じがしたら、寝ている間も体が緊張してしまっているのかもしれません。

 

心に原因がある場合も、その原因が取り除かれれば徐々に不眠は解消に向かいます。しかし、そう簡単に取り除けないのがストレスというもの
そんな時は、次にご紹介する方法を試してみてください。

 

ミルクペプチド,サプリ


不眠を改善するために試したいこと

 

不眠を改善するためには、毎日の生活を見直すことが重要です。
運動不足や食べ過ぎ・飲み過ぎが不眠の原因になることもあります。

 

毎日の生活に取り入れたいストレッチ

ストレッチ

もし寝て起きたとき体が重だるいのであれば、寝ている間も体が緊張してしまっているのかもしれません。

そんな時は、寝る前に軽くストレッチをしてみましょう。

 

寝る前に運動するなんて……と思うかもしれませんが、少しストレッチするぐらいであれば汗もかきませんし、より眠りに就きやすくなります。

 

首を回したり、深呼吸をしたり、背筋やわき腹を伸ばしたり……ゆったりとした気持ちで、筋肉をぐぅっと伸ばしていきましょう。

 

呼吸は深く、ゆっくりを心がけてください。

 

体が温まってくると、徐々に眠たくなってくると思います。
そのタイミングで布団に入れば、スムーズに寝付くことができるのではないでしょうか。

 

食べ物にも気を配って

コーヒーは寝る前は避けて

ぐっすり眠るのなら、食べ物にも気を配ることが重要です。

寝る前にコーヒーやお酒などを飲んでいませんか?

 

コーヒーに含まれるカフェインには、覚せい作用があります。また、アルコールを飲むと寝つきが良くなりますが、途中で目覚めやすくなるだけでなく、アルコール依存症になるリスクも高くなります。

 

寝る前にコーヒーやアルコール、刺激物などを口にするのは止めましょう

 

適度な運動と腹八分目

寝る直前まで食べ物を食べていたり、夜遅くにボリュームのある夕食を食べたりしていませんか?
それも安眠の大敵です。

 

夕食は、できるだけ軽く済ませるようにしましょう。ボリュームのある食事であれば、食事から布団に入るまでの時間を十分に取ることが重要です。

 

お腹いっぱいになるまで食べると、確かに一時的に眠くなります。
しかし、そのまま寝てしまうと、体には大きな負担がかかってしまうのです。

 

また、運動不足も睡眠に悪影響を及ぼします。
安眠のコツは、体が適度に疲れていて、リラックスしていること
運動不足で、体にエネルギーが有り余っている状態だと、どうやってもスムーズに寝付けません。
布団に入って30分以内に、自然と眠くなって寝付ける程度に疲れていることが理想的です。

 

 寝具を見直すことも快眠には必要

寝具もチェック

不眠に悩んでいる人が、意外と見落としているのが「寝具」です。

 

湿気を吸った布団で寝ていませんか?
寝間着は窮屈ではありませんか?
枕の高さは合っていますか?
暑すぎるもしくは寒すぎる寝具を使っていませんか?

 

寝具の快適さというのは、睡眠の質にダイレクトに影響します。
枕の高さや素材を見直すだけで、睡眠の質が改善することも珍しくありません。

 

また、寝ている間、私たちは意外と汗をかきます。
パジャマはゆったりとしていて肌触りが良く、汗をよく吸ってくれるものを選ぶと良いでしょう。
ラクだからとスウェットや部屋着で寝るのはあまりおすすめしません

 

夏場だというのに毛布を使っていたり、冬だというのにタオルケット1枚だったり……こういった「季節に合わない寝具」を使うのも不眠の原因です。
夏は涼しく、冬は暖かく。春や秋は、足元に薄掛けを一枚出して調節できるようにしておくなど、快適な温度で眠れるよう工夫をしましょう。
もし、掛け布団が重たいのであれば、打ち直しを依頼するか、羽毛布団に買い替えることも検討してください。

 

ミルクペプチド,サプリ


ミルクペプチドでぐっすり眠ろう

 

私たち人間は、人生の三分の一を睡眠に充てていると言います。
睡眠の質を高めることは、毎日を元気に過ごすうえでとても重要です。
もしあなたが

  • 眠れない
  • 寝ても疲れが取れない
  • 思うように休めない

毎日を送っているのであれば、ぜひ一度、特許成分「ラクティウム」が配合されたグッドナイト27000を試してみてください
ミルクペプチドが毎日の安眠をサポートしてくれるはずです。

 

ただし、普段から服用している薬がある人は、念のためグッドナイト27000を飲む前にかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
飲んでいる薬によっては、サプリメントと一緒に服用することで、効果が弱まったり、逆に強まったり、副作用が起きやすくなったりする場合があります。
薬を飲んでいる人は、自分の判断でサプリメントの利用を開始せず、事前に医師に相談してから服用を始めると安心です。

 

ミルクペプチド,サプリ


更新履歴